とどのつまり

ちゃんと毎日くらいで更新してます

そこはかとなさ

Fishmans MELODY - YouTube

 

最近、他人の曲を演奏し続けたおかげか、書くメロディが変わって来た。

そしてコード進行も。

前は、カッコ良いコード進行を盛り込んでけ!

盛り込んでけ!

って感じだったんだけど、最近は本当にシンプルなコード進行とそこはかとなく美しいメロディを書ける様になったと思う。

 

がっつり「美しい!!!!」ってメロディじゃない事が大事。

頑張って美しいものを書こうとすると見せびらかす様なものになってしまって、自分好みじゃなくなる。

というか、自分の中の好みさえ変わって来た。

 

レゲエの様にゆったりとした中、ソフトロックの様な絶妙なテンション感で、フォークソングの様な内省的、メッセージ感。

 

この三つを複合した物をこれからも作っていければ、みんなが受け入れられるポップな物なのに松本大地感が出るのでは無いだろうか。

ようやく、自分の曲がオリジナルであると言う方程式を少し組み上げられた様な気がする。

と言うか、美意識っつーのかな。

 

だから、すでにある曲でアルバムを作るなんて言っておきながら、新曲を作る手が止まらないんです。

すぐにでも盤にしたいんだけど、もう少しだけ待ってくれ!

ヤバくないけど、最高の盤ができるから。

 

________________________________________

 

今日は時間と余裕が無くてブログが上手く書けませんでした。すみません。

今日はリハが一件。

最高だった。自分の曲と詩を、これ以上ない人が歌ってくれるって日。

 

やはり我々作曲者はシンガーに生かされていると実感しました。シンガーが曲のために最善を尽くす様に、僕達もシンガーの為に最善を尽くす。

やっぱ愛なんだよな。シンガーと、聴いてくれる人への愛があれば結構良い感じになると思う

 

俺の大好きが二つかけ算されていて、胸が苦しくなるくらい幸せな日だった。

 

皆さんも、僕が得たレベルの幸福を明日味わって下さい。きっと良い日です。

 

それではまた明日!

 

 

腐っていく匂い

watching you/roger nichols&scof - YouTube

 

女性目線の詩を、いつの間にか書けるようになっていてどうしてだろう?と自分なりに考えて見た。
そして見えた答えはともなだった
思えば、俺の詩のフィクションのイメージモデルはともなだと思ったら納得が行く
だが、ともなと別れた直後にこんな詩は書けなかった。じゃあ何故今になって?


それを知るために、このまでの自分の行いを反省とかそういう事じゃなくて、ただ見つめてみた。

人間、満たされ始めるともっともっと!ってなっていつの間にか本質を見失い、漠然とした気持ち良さとかだけに身を委ねてしまう
愛していたはずの人をいつの間にか愛していなくなるんだ

彼女の行動や表情が愛情から来るものだった事にようやく気付いた。それは恋ではなく。
俺はどうしようもなかったからそれを受け止めきれなかったんだよな

以上のような事を思った結果、ともなと離れてともなの事を考えて賢くなった俺だから、女性目線の詩が書けるようになったんだな、という結論に達した


これはともなと、お互いの時間を完全に切り離し別れる事を誓ってからの俺が出来る唯一の恩返しかも知れない。
と言うか、離れていたり会えない人達全員に対する恩返しの方法だ

その人の事を考えて考えてやっと理解(と言っても自分の中で答えを出すだけだが、それが重要)して、作品や普段の行動や思想に反映する。

お互いにとってあの日々は全くもって無駄な日々じゃなかったと、口に出すのは簡単だしカッコよくも何ともないから、そうやって形にするんだよな

それをもって、ありがとう。と一言呟くんだ

 

________________________________________

 

Talking Heads - Once in a Lifetime (Official Video) - YouTube

 

俺の好きだった場所から腐臭がしている

何人が気づいているかは分からないけれども

 

みんなで内側を向き、互いの傷を舐め合うが、

それは100を100のままにしようとすることで、そんな事は全く意味が無いと言い切れる

110にするためには90や80になる覚悟も厭わないと腐っていく

 

そして、ある組織や場所のリーダーは自分の発言力につくづく注意しなければいけないと、その場所を見て思った。

 

注意しなかった結果か、本人のマインドのせいかまでは理解出来てないけど、今、その場所の構成員はリーダーのために動いてる。

これも愚かな事だ。

来てくれる人達に対して差別せずに尽くす事が大事なのに、みんな目先のリーダーの事ばかり考えている。

まあこれも、この一年で色んなところに飛び込んで色んなものを見れたから言える事だけど。

 

こう言う事を書くと、俺はつくづく大人になったなと思う

だけど、大人になる事は決して悪い事じゃない。いつまでも肝心なところが子供のままな奴はダサい。

誰かを守るために責任を抱いて俺たちは大人になるんだから。目の前で言い訳や文句は言うな。誰かの前でお酒を呑みながら言うために取っておくんだよ

 

 

 

 

______________________________________

10 Telephone Line - TM NETWORK -Remaster- - YouTube

 

昨日の18時ごろから、自分のiPhone7が圏外のまま全く反応せず、しょうがなく今日修理に出して来た。

 

昨日はたまたま事務所の人達との待ち合わせだったから品川でも見つけてもらえたけれども、品川のようなめちゃくちゃに人通りの多い場所で取引先の人と待ち合わせなんかしていて圏外になってしまったら本当に何も出来ないし、失礼を働いて取り返しのつかない事になっていたこともあり得る。

 

前置きが長くなってしまったけれども、我々現代人はもはやスマホがないと飯を食うことさえできない。(金を稼ぐ意味で)

いや、道案内もグーグルマップに頼んでいるから目的地へ歩くことすら出来ないかもしれない。

もう人間はスマホに狂っている。

と言うか、スマホに生かされている。

 

一回、2年前に携帯がぶっ壊れて、ひどく自由な気分になってはしゃいでいたのを思い出す。

周りの人たちに携帯を買え!と言われてまたスマホとよりを戻したのだが。

 

今回も、実はそんなところがある。

Appleが悪い事は誰の目から見ても明確だから、このまま連絡をすぐに返さなくても良い環境を楽しんでしまうのもアリかもしれない。

まあ、2年前と違ってそのしわ寄せは自分にくるからすぐに取り戻したいんだけど。

 

だから、人間は一週間スマホを触らないような機会を設けた方が良いと思うんだ。

行きたいところに自分の力でたどり着き、機会にイライラすることのない15〜20年前の自由な俺たちをもう一度思い出すんだ。

そうすればきっとスマホにつきっきりになってゲームをしなくなって、イヤホンと恋人になってる人たちも友達に戻れるよ。

 

ビバ、BTTB。基本に戻る。

 

_______________________________________

 

 

ブログを書き始めてもうそろそろ2ヶ月。

最初は人知れずやっていたものの、書いたからには何か欲しいな。と思い夜の12時に必ずリンクを貼り、朝になって消す事にした。

そしたら、アクセス数も上がりどんどん楽しくなっていってしまった。

最初は300文字くらいだったのが今や1500字越えはマスト。

無駄を省ききれてないのは否めないけど、読み応えは結構上がって来たと思う。

どうせ見る人は見るし見ない人は見ない。

そんなブログであることには変わらないからエグい事も書く。

これがもし一日200人とか見てるところだったら実名とか出さないけど、頑張っても70人くらいだったら全然出せる。

 

ここで俺がブログを習慣づけてやっていて良かったな、と思う事をいくつか上げようと思う。

 

1.日々の出来事一つ一つが流れなくなる

 

これは最近特に感じていて、街に出て目まぐるしく動く人間模様や出来事にしっかり何かを思うようになった。

しっかりと目の前の出来事に対して自分の答えや考えを形に出来て、それをどこかに発表するのは論文提出とかに近いのかな。

 

2.詩が書けるようになった

 

これに関しては、ここ一年間本当に詩が書けなくてスランプ続きだったんだけど、言葉について考える時間が増えたおかげで面白い比喩表現を考えつくようになった。

あとは見たもの、感じたものを言葉にする事で心象、風景描写のピントが言葉で合わせやすくなったのかも。

 

3.スッキリする

 

なんか分からないけど、ブログに考えを書くとスッキリする。

おそらく、これは見る人が一定数いてくれるから、カタルシスの様な効果があるのか?と考えている。

見ている人が月に3〜4人、みたいな感じだった時はそれはそれで楽しかったけど、今はどの爽快感は無かった。

逆に、攻めた事、言うのも恥ずかしい様な事を言いたいのに言えてない記事を書くと全然つまらない。

毎日やるとは言えね。2〜3日前はそんな記事を書いてしまった。反省。猛省。内省。

 

4.ブログを褒められる、話されると嬉しい

 

書いてある通り!!

こんな俺の中の精神的汚物を、フランス料理のあの銀色のドーム見たいなのをかぶせて(下)

f:id:daichi007:20180221194218j:image

 

はいどうぞ!(パカ)ってやってるものに、同意してくれたり感動してくれたりすると生きてる!って感じるんだよね。だから俺も遠慮せずに死にたいとか書けるし、暗くなれる。ありがとございます。

 

こんな感じですかね。

今日は特になにもありませんでした。

まるで休日みたいだけども、制作にはしっかり追われた。そんな日。良い日だったんじゃないかな。

皆さん、明日も良い日をお過ごしください。

 

俺達ING

Four Tet - Parallel Jalebi - YouTube

今日も、俺の知らない所でみんなが暮らす。
あいつは一人で曲を作って、あいつは俺の知らない人と働いて、あの子は俺の知らない人と笑って、また別のあの子は俺の知らない人に食後にお金を出してもらってる。

皆、集まって一緒に遊ぶとどうしても同じ行き先に居てずっと一緒のような気持ちになるけど、それは高速道路でたまたま同じ道路を並んで走る車の様なもので、いずれは各々の場所で降りる。
そして誰かと付き合う事は、相手に行き先を随時報告する事で、結婚は同じ車に乗る事かも知れない。


俺たちは並行して平行して生きている。

俺の知らない所で何かが動いてる事について少し寂しいと思う気持ちは、きっと一緒にいてすべてを知った様になれてる時間が愛おしくて特別だからなんだろうな。

from 昨日のドライブにて。

褒め合い、笑い合い、俺以外は酔っ払い、あまり寒くなかったちょっとサイテーで最高の日だった


_____________________________________________
Barbra Streisand and Burt Bacharach duet Close To You - YouTube

俺の作ったデモで友達が泣いてくれた。
俺すげー嬉しかったし、作った時点で今まで作って来たものとは違う感触がもうすでにあった。

それは愛。俺の誰かに対する特別な情愛が形を変えて曲と詩に乗り移ったとしか思えない

もうこれは、「こう言うもんでしょ?」って書く曲とは訳が違う。
愛があると、シンプルな進行とメロディの中に確かな決意と約束が見えるんだ

俺は、クリエイター流「月が綺麗ですね」を達成できたのかも知れない。
いや、まだ、しかるべき発表の場でしっかりとうまく行くまでは油断出来ない

21歳の節目になって、また新たな可能性が見えて来た気がする。

音楽をやってるからこそ出来る
セックスやキス、物を買ってあげる、以外の愛情表現を、これからも続けていくのであればそれがお互いのためにいいのかも知れない


クリエイター、救えなさすぎる
自らの幸せは良い楽曲を作ることだと言い切れて、様々な煩悩を断ち切れたらどれだけ幸せなことか


つまりだ

俺達は報われない恋を胸に抱く。すると、ピアノとギターがポロポロ泣き始めて、涙はオタマジャクシになる。
そしてオタマジャクシがまた誰かの涙に戻る時をジッと待つんだ

俺らに出来るのはそれくらい

_____________________________________________
Carpenters - All I Can Do - YouTube

生きるためとはいえ、自分のやりたくない事の説明とかを受けてると憂鬱になる。

つまらなそうな顔をした人が、普段の日課としてつまらなそうに説明をして、それを今からでもここで暴れてめちゃくちゃにしたいような顔をした俺が説明を受ける。
そして二人きりになり、二人とも腐った笑顔をぶら下げて当たり障りのない会話をする。

こんな日々があるから昨日のような貴重な時間が輝くのかも知れないけれども、クソみたいな時間の渦中にいる時ってのはやはりいつでもイライラする。


でも、誰も悪くないんだ
俺と同じで相手にも恐らく理由があってお金を得なくてはいけなくて、ただ日々をこなすしかない
俺がこうやって、イライラしながらグズグズしながらギラギラしながら、ニコニコしてるのもしょうがない
働いている人はみんな平等に偉いんだ、これだけは言い切れる

そして、考え事ばかりしてる時間はとても長く感じる
1日で1ヶ月分歳を取ったような感覚に襲われて、途端に疲れる

だから、クリエイター達が普通に、社会人になり社会の歯車になっていってしまう気持ちはよくわかる。

だけど、俺には才能がある。ちゃんとギターを弾いて、キーボードを弾いて、曲を書いて、たまに詞も書いて、それで誰かのためになれる才能があると思う。

だから絶対にクリエイターとしてご飯を食べる。そして結婚もする。

こんな日々の渦中にいてもパンクスの心をしっかり持って生きてられるのは、そう言う気持ちを持てているからだろ

待ってろ今行く

_____________________________________________
Lollipop Sonic - Coffee Milk Crazy - YouTube

柏の高島屋は、上に行けば行くほど穏やかな空気が流れている。時間がゆっくり経過していると言うか。
8階あたりまではせわしないんだけど、九階を超えた途端に客層が変わると言うか。
実は今日も用事で柏に行っていて、やはりショッピングモールをウロついたのだが、スタバの周りの雰囲気はやはり相容れないものがあるな、と感じた。

一、二回試しに入ったことはあるんだけど、客層が、大したことないのに選民意識があるような奴らばっかりだったからすぐに出た。
アレに関してはオシャレとは思わないぞ俺は。

ただ、あれを差し入れされたら嬉しいよな

_____________________________________________

今日は20日。そんなにいい日では無かったが、柏で乗り気じゃない用事があって、少し時間が空いたあと品川にて、所属している事務所のボイストレーナーの教え子さんの舞台を観に行った。

1時間半もある演劇を、ほぼほぼ噛まずに、破綻せずにやりきったお二人が凄すぎて、ぐうの音も出なかった。
多分身近な人なんだろうけど、プロの意識を感じられてすごく刺激になった。
がんばろう。

明日はやっとお金が入る日だ


今日僕が過ごしたような良い日か悪い日かわからない日もたまには必要だと思いますので、皆さんどうか堪忍して過ごしましょう。

ユニクロ野郎が銀座にて

Pizzicato Five - Fashion People - YouTube

 

都内の人たちはみんなカッコいいファッションをしている
身の丈に合った服装をちゃんとしているんだよな
俺はユニクロとかテキトーにあった服を着ているんだけど、その事実がなんか、ちゃんと服を選んで買っているみんなを見るとここにいちゃいけないような雰囲気になる
誰か俺に教えてくれ、って思うけど教えてもらったところでこれじゃなくね?あれじゃなくね?なんてことになるから結局はフツーに着れば良いのかな

ファッションピーポーに敬意を表するよ

_____________________________________________
Beatles - (01) Drive My Car (Original) - YouTube

 

高校生からの付き合いの奴ら二人とドライブに出かけて、そのうちの一人に自分の作ったデモを聞かせたんだけど、どうしようもなく褒めてくれた。
一緒にやってる人はそんなに曲にコメントしない、というかまだそんなに聞いてないかもしれないから勝手に一人で不安になってしまう。
それは何故ならば、曲も詞も自分で書いてて演奏も自分でやってるから、全部自分なんだ。
だいたいキャッチーになる要因を孕んでいるのは第三者なんだと今までの経験から思うから、全部自分でやっていることが不安になる。

だけどまあ、いい方向に向かいそうだから、猫とランプ3/21日来てくれよな!!

_____________________________________________

Night Flight, a song by RIP SLYME on Spotify

夜のドライブは、地上を飛んでいる気分になる
高速道路なんか特にそうだ。
地上を這って飛ぶ鳥が列を作って、何処かに向かう。
だから、みんな運転くらいは鳥みたいに自由な気持ちでしていいと思うんだ、仕事の人もたくさんいるだろうけど、運転自体がとても特別なものだから、楽しくやりたいよね

_____________________________________________

今日は19日。
業務と旅の日だった。
今日は少しブログが雑になってしまったけど許してくれ。

んじゃ、僕が過ごしたような良い日をお互いに過ごしましょう。お休みなさい。

憂鬱ショッピング

it's only love

寝ている時に見る夢と起きている時見る夢、違いすぎるから別の単語を使った方が良いと思う
恋と愛が英語で両方ともLOVEな感じに近い

男は夢を見て、それに没頭する事が好きなのかもしれない


例えば俺の場合、去年の12月は女の子をモノにするために頑張って色々考えて結果燃え尽きたわけなんだけど、誰かの為に色々考えて没頭している自分に酔っていたのかもと思った


誰かの為に尽くす、とかも結局は自分嫌いの俺の現実逃避の一環なのかもしれない

要するに、根元を掘って掘って掘り返して見ると他人のためってのは結局は自分の為なんだよな
そのくせ、見返りとかがないと落ち込む、救えないくらい自分勝手な生き物、松本大地であり、男である

だが、この考え方も言ってしまえば自分が傷つかない様に予防線を張る行為に過ぎない
これは自分のため、自分のため、なんて思ってればちょっとは傷つかないかもしれないから

 

こうして色々ここ最近考えた結果、「何も考えない、自然体が一番」に落ち着いた。
自然に人を愛して自然に傷つき落ち込む。
もうそれしかないよ。
だって、上の事とか考えながら女の子といるんだったらまだセックスしたい!とかって考えてた方が健全じゃん。そっちの方がよっぽど好感持てるわな

_____________________________________________
shopping bags(she get from you)

俺はよくショッピングモールを一人でよく歩くんだけど、主に自分を見つめ直すときに出歩く。


家族連れを見れば、その昔、じいちゃんばあちゃんと家族で行ったショッピングモールのアミューズメント広場を思い出し、カップルを見れば一年くらい前の幸せだった時を思い出す。そして、自分が今一人でショッピングモールを、買うつもりもないのに歩いている事実に暗くなって行くのだ。


するとどうだろう。
とことん暗い気分になると、外の寒さが気持ち良くなって来たり、車に乗った安心感からとても眠くなったり、救えない歌詞が出来たり。

 

ショッピングモールに、俺は鬱を貰いに行く。
幸せと憂鬱は隣り合わせだから幸せをちょっと俯瞰するといるんだよ

_____________________________________________
rapper's delight

柏近辺に住む尊敬している大人でありラッパーである人と最近絡んでいる。
だいたい、音楽か女の話でいつも盛り上がるのだけれども。
その人の話はいつも哲学的で、一つの事柄がどうなってそうなるのか、みたいなものを感じさせる。

 

そんな人が21〜22歳くらいの時にやっていたユニットの掘り出し音源が来月発売されるらしい。なんでも、PUMPEEがどこかのチャンネルで配信DJの時に一曲めに流したユニットだとか。


でも、偉そうな感じでは全然ない。
だから、俺もだからと言ってへり下りはしないけど、いつも尊敬の意を持って馴れ馴れしく接している。

人と接する上で大事なのは、絶対にそこだから。尊敬の意さえ忘れなければ、ふとした言動からもそれがにじむから、それを大切にすれば良い。逆に言えば、それを忘れて調子に乗ると足元をすくわれるんだ。
そう言う人、俺のすぐ身の回りにもいるけど、俺そう言うのに超敏感だから気をつけろ。

_____________________________________________

今日は18日。
俺、案外居場所あるんだな、と感じるこの頃
特に柏方面。一年前まで未開拓地だっただけに、月に10日くらい行く場所になると思ってなかった。
お気に入りの公園もセブンも、バーも美容室もある。
ライブハウスは2〜3つロクでもないところがあるけど案外良い街なんだよね。

柏方面へ用事があり、そのついでにショッピングモールを歩いたんだが、上に書いた状態の俺は暗い顔してるくせに図体だけはでかいので、誰にも会いたくないし見られたくないのだがぼけっとエスカレーターに乗ったら知り合いがいそうなところに(よりによってかなり親しい人)行ってしまい慌ててしまった。
まあ全部俺だから、見られたら見られたで良いんだけどさ。

 

そんな感じの一日でした。業務と用事と人生。
僕が今日過ごしたような良い日を皆様もお過ごし下さい。

 

いない人いる人

そばにいない、この世にいない、人の事を考えるのは悪い事のような感じがする

前に進んでないような感じ

だけど、そんな事ないよな

 

いない人の事を考えることは、いない人の事をいることにしてあげられると思う

別れた人とやり直さなくても、死んだ人に線香を上げなくても、そばにいるんだ

 

俺が思い出して、考えて、ありがとうと思うと、その思いが空に飛び、弾けて舞って、幸せになって帰ってくる

 

そう思って今日も誰かをひとりでじっと考える

一人でいると、誰かといる時に見えないものが見えてくる

このブログは言わばその見えたものの発見記

 

ご静観ありがとうございます!

発作

あれ?死にたいな。

 

そういえば、数日前に思いっきりやばい頭痛が俺を襲った時少し嬉しかった

謎の死を遂げられるのではないかと

甘くなかった

 

おーい、どうしたんだよそんなところで一人でいて、早くおいでよー

オーケー、今行く!

 

レッミーテイキューダウンコーズアムゴーイングトゥ

ストロベリーフィールズ

ナッシンギズリー

アンナッシントゥゲッハンガバウ

ストロベリーフィールズフォエーバ

 

行司さんに話したいじいちゃんに話したい

この気持ち

 

メロトロンの音が遠くに聞こえて、頭がブヨブヨ揺らぐ

すると光が見えて来て、頭がおかしくなって笑いながらそこに向かう

海か崖か電車のホームか火事の中か

 

ナッシンギズリー

 

愛されてるのほんとかな

意味なんかないね意味なんてない

今にも僕は泣きそうだよ

 

甘く壊れたトレモロ